蓮根のお話し

今は、新もの蓮根

蓮根 字のごとく蓮の根 地下茎の部分。実は、食用にしているのは、日本と中国など少数国のみで、日本では「見通しがきく」と言われ縁起物として、お節料理などによく登場します。

旬は、晩秋から冬。

夏に晴天が多く気温が高い年ほど豊作だとか。

形は、ふっくらとして丸く肉厚なもので、節と節の間が長く太って真っ直ぐなものを。外皮は、淡黄色か淡褐色で傷が無いものを選ぶ。切り口は、白く穴の小さいものを薄青いアクが出たものや穴が黒っぽいものは、やめましょうね。

灰汁の強い野菜なので、切り口が空気に触れるとすぐに黒っぽくなるので、皮をむいたら直ぐに水にさらしましょう。酸味が気にならない料理などは、酢水にさらすとさらに白っぽくなって仕上がりがきれい。

茹でる時は、茹ですぎるとでんぷんが糊化しやすいので、歯応えを楽しみたい時は、サッと茹でます。

切ったものは、切り口が空気に触れないようにラップで包み、野菜室の冷蔵庫で保存。節がついたものは、節の部分を水で湿らせたペーパーなどで包んで冷暗所に保存。皮をむいたものは、むいた蓮根全体が水に浸かるようにしてタッパなどで保存。ですが、蓮根成分のビタミンCが水に溶け出やすいので、出来るだけ早めに。

主成分は、糖質で、でんぷん、ムチン質という粘り気の成分が、歯触りを持たせています。ビタミンCも豊富で、みかんの1.5倍、大根の3.7倍あり、ビタミンB12も豊富で、貧血を予防、肝臓の働きを助けます。ミネラルでは、カリウムや亜鉛、銅、鉄を含み、ペクチンなどの食物繊維も豊富。便秘や高血圧予防に効果があります。
前振り長ーーーーーーー。

とまぁ

蓮根の火を通すと粘り気が出ることをおおいにつかって、蓮根饅頭を作ってみましたーーーーー!!

料亭などは、裏ごししたりして滑らかなツヤツヤお肌にしますが、

あえてゴツゴツシャキシャキ感を残したいので、おろし器で、すり下ろして、小鍋で練り練り。みるみるうちにぷるんとなります。それを手で丸めて、蒸す、揚げるをするとほぼほぼ完成。ここに銀餡、もしくはべっ甲餡をかけて、山葵もしくは、すり下ろし生姜を天盛りすると
おおおおおおおおお、料亭か割烹の味となります。

蓮根饅頭の中に海老や銀杏など具を入れてもええですなぁ〜〜♪

私は、あえて野菜をいっぱい食べてもらいたいので、シンプルに蓮根だけで饅頭にして、

沢煮餡 沢煮とはたっぷりのという意味で、肉や魚介類をベースに薄味の出汁にたっぷりの野菜を入れたスープのことを言いますが、あえて野菜をたっぷりの出汁を餡にしてかけると

彩りもよくええんですーーーーー!!

明日の編み物教室のランチは、そんな1品をお出しする予定ですなぁ〜〜♪

最後まで読んで頂きありがとうございました。image

関連記事一覧

最近のコメント

    みっちゃん女将

    小石美知子

    小石美知子

    1971年7月24日生まれ しし座 イノシシ年生まれ 猪突猛進 おっちょこちょい、為せば成る為さねばならぬ何事も

    プロフィールを表示 →

    アクセス

    〒533-0011 大阪市東淀川区大桐2-11-20 ルネッサンス福原パート2

    肴小料理屋 侑歩(ゆうほ)

    090-7094-7576
    朝営業 毎週月曜日  :6時45分~10時30分
    昼営業 毎週金、土曜日:11時30分~14時30分
    夜営業 毎週金、土曜日:18時~23時
    ラストオーダーは、営業時間終了30分前

    予約カレンダー

    2017年12月
             
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
               
    2017年11月

    PAGE TOP