家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2018年5月30日

中国茶 講座開講にあたって

ブログトップ »

以前住んでいたシンガポールに、中国福建省のお茶大学の先生が教室を開いていらっしゃいました。お友達に連れて行ってもらい、体験してハマってしまいました。

沢山の茶葉を選び、沢山の茶器を扱ってお茶を入れる。あっと言う前に時間が過ぎ、楽しくて楽しくて夢中で通いました。

茶葉の種類によって、ポット(日本で言うところの急須)の大きや、形状、土の種類まで別れていて、同じ茶葉で、違うポットでお茶を入れると味が変わってくる。

きっと一生の研究課題になりそうなくらい幅が広がります。

先生曰く、中国茶と漢方薬の境目はないらしく、現地では、体調が悪くなったら、合う茶葉を教えてもらい、お陰で病院へ行く事なく元気で過ごせました。

ご経験のある方がいらっしやれば、あれやこれやと、一緒にお茶の味を楽しみたく、全くの初心者の方であれば、まずはご自身で楽しんで頂きたく、そんな思いで開講の運びとなりました。

 

«前の記事 
 次の記事»