家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2019年8月29日

料理の理を知れば、レシピは自由!〜基本の基編

ブログトップ »

こんばんは!

【料理の理を伝える!】をコミットしたことで、ドンドンと想いが溢れるようになり、今日は3回目の投稿です、苦笑。

昼営業が終わってから、友人と電話で話していたら

【みっちゃんはね、食事を調理することが好きだけど、本当は作ることが好きというより、食事の大切さだったり、命の尊さみたいなもの、真理を伝えたいんだと思うんだよね!それを今は、料理という形にして伝えているけど、本当はそんなことしてる場合じゃないって思ってるでしょ?この料理で感じろ!って思ってるでしょ?でもね、正直言ってレベル高すぎて、ジャンキーなもんばっかり食べてる人とか、絶対分からんし。言葉で伝えるとか、ブログに書くとか、そういう手段を取らんと伝わらんし!】

きょえーーーーー、そうなんや。こんなこと、実は昭和世代まで、至って普通にどこの家庭でもやってたことやん。

それがドンドンと時代が進んで、情報も物も溢れて自分自身を大切する処理能力が追っつかず、情報にまどわされ、誘導されてきました。

今こそ、真理を知ること。

日本料理の過程は、外国の料理に比べると非常に簡単と言えると思います。その代表格が、「刺身」です。加熱せず、調味せず、料理として成立していますね。

食材は、調理そのものが単純なだけに良いものを選ぶように心がけましょう!

でも、いいものというのは、高価なものという意味ではなく、まずは新鮮なものを選ぶということです。

そして、道具も重要になって来ます。

例えば、落し蓋をアルミホイルやキッチンペーパーなどで代用。ということを聞きますが、ある一定の重みをかけて、食材の中まで調味料を含ませるという行為をしたいわけですから、当然アルミホイルやキッチンペーパーには重さが明らかに違うのですから、意味が違います。

料理というのは、作った人の人間性が出ます。

極端な話、だらし無い人が作ればだらし無い料理になりますし、イライラして作った料理は、やはりどこかトゲトゲした料理になるということです。

是非こころ穏やかに笑顔で作りたいものですね!

料理は愛情!

«前の記事 
 次の記事»