家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2018年9月14日

【ハレ】と【ケ】

ブログトップ »
  • おはようございます

今回は、最近ハマっている時代人情小説

坂井 希久子さんの【居酒屋ぜんや】シリーズ

ご紹介。

 

江戸 神田花房町にある【酒肴 ぜんや】を舞台に

別嬪女将 妙と旗本次男坊 林 只次郎の淡い恋愛人情

話とぜんやで繰り広げられる町民との日常生活を

描いたゆったりとした小説です。

 

主人公の妙は、十の時に両親を火事で亡くし、

良人善助と出会いのちに夫婦となる。

その善助も病気で2年前に亡くすも、

良人善助が切り盛りしていた【ぜんや】を

義姉お勝と共に引き継ぐ。

素材を吟味して、創意工夫しながら、安価で

手間暇を惜しまない心のこもった料理でもてなす様

が人気を博し、常連の胃袋を鷲掴みにする。

 

そんな折、旗本次男坊 林 只次郎が、実家の生計を

立てるべく鶯飼育を生業とし、鶯の糞の引き取りを

生業とする又吉に【ぜんや】に連れられたことが

きっかけで常連となる。

女将の妙の別嬪ぶりと、妙の作る料理に惚れ込み、

淡い恋心を抱く。

亡き良人の善助に未練を残す妙との淡い恋愛が

人情味溢れて、とても焦ったくもあり、何とも笑え

る。その時々に、妙の作る料理の描写に吸い込まれ

るとても面白い作品です。

二人の周りを取り囲むのは、ぜんやの裏店の住人

おえんをはじめとする面々と、只次郎の鶯飼育の

顧客である大店のご隠居や若旦那の面々。

 

野次馬根性丸出しの掛け合いも面白い。

 

この小説も日常のありふれた光景を切り取った

作品。

 

人の日常って、

【ハレ】

「ハレ」の日には、晴れ着を着たり、神聖な食べ物である餅や赤飯を食べたり、お酒を飲んで祝ったりして、特別な日であることを示します。古来より、日本人は、木にも火にも水にも神様が宿っていると感じ、これを「八百万の神」といって大切にしてきました。そして、身辺で起こるよいことも悪いことも、神様のおかげ、神様のせいと考え、人々は祭り(祀り)をつかさどるようになりました。祭りの華やかさ、行事の晴れやかさ、ケガレを落とした後の清々しさが「ハレ」であり、「晴れ晴れ」「晴れ着」「晴れ姿」など「ハレ」の気持ちを表した言葉がたくさんあります。

【ケ】

「ケ」は普段通りの生活を送る日ですが、日常生活の「ケ」がなく、毎日がお祭りの「ハレ」だったら、それはつまらないものになってしまうかもしれません。また、陰鬱な気持ちや何かよくない力、病気や死など、「ケ」の生活が順調にいかなくなることを、「気枯れ」=「ケガレ」といって忌み嫌い、禊ぎ、清め、祓いなどをしました。「ケガレ」を落とし、単調になりがちな生活に「ケジメ」をつけて、「ハレ」の日を迎える。そうした物事の繰り返しで暮らしが成り立っているのです。

 

日々に「ハレ」と「ケ」があるように、一人の人の日々の中にも光の部分と影の部分があります。悪いことが起こると「明日はきっとよくなる」と自分を励ましたり、よいことが起こると「いいことばかりではない」と喜びすぎるのを戒めたりすることがあります。まさに「禍福はあざなえる縄のごとし」です。この感覚は、日本人の暮らしのメリハリや心の影響と深いかかわりをもっています。

 

この小説も、見事に酒肴 ぜんやを舞台に【ハレ】と【ケ】の絶妙なバランスの描写のような気がします。毎日が【ハレ】ばかりになればいいと思う人もいるかもしれません。でも、【ケ】も真実は一つでも捉え方考え方を変えると【ハレ】に繋がるものと思えば、捉え方考え方も変わります。

 

小説一つでも、ただ内容が面白いだけではなく、内容から見えてくる捉え方を変えてみるのも楽しいですね!

 

是非秋の夜長に読書の一冊としていかがですか?

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●

【お知らせ】

9月22日 土曜日 14:00〜17:00

〜侑歩いきいき会〜

参加費500円(お菓子、お茶付き)

日頃のちょっとした悩みや新しい出会いなど

ゆる〜くお菓子とお茶を囲んでおしゃべりを

楽しみます。

当時女将の大人の絵本読み聞かせも開催!

 

 

10月1日〜秋山鍼灸整骨院の出張施術を

受けられます!

ご近所で【秋山鍼灸整骨院】を開院されていた

秋山 誠次郎先生が、この度9月24日に閉院され

出張鍼灸整骨院に生まれ変わられます!

それに伴い出張施術所として、

侑歩のワンルームで施術が受けることが

できるようになります!

健康相談なども、無料で行っておられますので、

是非是非ご相談お待ちしています!

 

第1回目施術日は、10月22日

すでに、ご予約がありますので、

お時間等、施術代金に関しての詳細は、

秋山先生にご確認ください!

 

問い合わせ先

http://www.akiyama-shinkyu.com/

 

 

 

«前の記事 
 次の記事»