家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2019年4月2日

お金との関係性は、要はバランス。

ブログトップ »

こんばんは!

先日から【言霊】の威力に圧倒されている女将です!

今日はまだまだ読み進めている途中ですが、【ユダヤ人 大富豪の教えⅡ】の興味深い文面をご紹介したいと思います。

皆さんはお気づきかもしれませんが、【お金】に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?

お金は人間関係や健康、などなど人間の感情にとてもリンクするものですよね!

ある人は、お金は生きていくために絶対に必要なものと思う人もいるでしょう。ある人は、お金は安心感を得るためと執着してしまう人。ある人は、権力やパワーの象徴として自分自身を信じるために必要と思う人も。ある人は、自由を得るためのものとして甘い儲け話などに乗ってしまう人もいるでしょう。まぁ、例を出せばキリがないですが、もしそれが自分の家族関係とリンクしていてお金とも良好な関係を保ちながら自分らしく豊かに生きれたらワクワクしませんか?

著書の中、【金持ちにならなければならないと言っているわけではなく、自分の運命と自分の器を受け入れることが、幸せになるのに大切】と述べています。

自分の器以下の生活をすれば窮屈に思うし、器以上の生活をしようとすればバランスを崩しかねない。そういう意味では、自分を知ることが一番大切で、そこから徐々に思い描く自分らしい豊かな幸せに思う器にしていくこと。

そのためには、

毎日を充実させてエネルギッシュに、好きなことをやっていくエネルギーを高めること。

そしてやはり散財をせずにある一定の蓄積も必要。お金はお金を呼ぶということです。

自分自身でお金を生むこと。コレは職業とかではなく、礼を尽くしていくことで行為は循環していきます。周りを豊かにしながら自分自身も豊かにしていく。

つきあう全ての人を味方にする。コレがなかなか難しいですが、たくさんの人といい関係を保つこと。ですがここで陥りやすいですが、自分を殺したりしていい人ぶるのは良くないと思うんですよね。要は親近感を持ってもらうことが重要だと思います。

そして常に好奇心、情熱、愛情、友情、信じる心を持って行動する。

そしてなりより美しく生きること。

著書の中でこうも記されています。【知性と感性を持つこと】

お金の流れは、お金のIQが低い人から高い人に流れるようになっている。例えば、不動産オーナーには、お金のIQの低い人から家賃として流れていく。お金の得かたを知ること。収入のチャンネルを増やすこと。収入を増やすこと。システムを知り、人を豊かにする。時には時代の流れを読み、法律や税務にも詳しくなること。

知性を知り感性を磨く。お金を快く受け取り、楽しみ、時に喜ばせ、流れに身を負けることもあるでしょう。信頼して、分かち合い、癒すこと。

そのバランスこそが、自分らしく豊かに生きることだと述べています。

そういう文面を読み、改めて侑歩と自分を見つめます。オープンした当初は、旧オーナーやイロイロな方々の支えを頂きながらもどこまでも迷走し、二年目は私利私欲と戦いながら自分自身をも失い、3年目にしてようやくと言ったところでしょうか、自分と向き合いながらようやく自分らしくなってきたのかなぁと思います。もちろんその中には、オープン当初から支えてくださっている方もいます。本当に感謝でしかないですね。

先日も新元号が【令和】となり、イロイロな解釈があろうかと思いますが、

安倍総理がおっしゃっていましたね。【人が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている。悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後には春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうしたら日本でありたい】

私も微力ながらですが、少しずつではありますが、自分と向き合いながら、お客様とともに笑顔と健康を共有しあえるような侑歩にしていこうと思います。以前の私なら、していきたいと思います。と言っていたでしょう。でも、今はしていきたい!そう思います。そうするんです。

でも、明日はどうなるのかはもちろん分かりませんし、1秒先も気持ちが変わるかもしれません。その一瞬一瞬を愛おしく思って変わればまた変わったことを受け入れて自分らしくバランスをずっと取り続けていくことなのかなぁと。思う今日この頃です。てへ。

●●●●●

«前の記事 
 次の記事»