家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2019年10月15日

ひとりごと。

ブログトップ »

お疲れ様です!

【食といのちの調理人】小石 美知子です。

今日は、梅田に出かけて来ました。

今月からは、またお出かけ時には、着物で出かけようと決めて、今のブームは、袴。以前からずっと箪笥の肥やしになっていたのですが、

季節柄もう暑くもなく、汗かきの私にはちょうどいい感じ。

ほぼ1年何となく着物を着る機会を

【洋服を着るよりやはり時間がかかるしなぁ】と。

そして、なぜか梅田へ出かけるのに、阪急の最寄の駅まで、またふと。

【着付けの時間をもったいないと思う気持ちってどこから来たんだろうか?】と

すると、

なぜ、もったいないって思ったんやろう?

・・・・・。

またふと

【自分が長年ずっとやって来たことって何だろうか?】と。

電車に乗り込み、席に座ると、長年やって来たことなぁ。

うーん、

自分の人生

その次に長いことって?

うーん、こうちゃんとの結婚生活かなぁ、17年。

その次は?

うーん、飲食に関わって来たことかなぁ、14年。

転職もいっぱいしたし、働くスタイルも変わった。

読書もいっぱいするけど、読み返す本もなく、自己成長とともに断捨離。

時代の移り変わりとともに、考え方も価値観も変わった。

そう考えたら、人生の半分もまだ続けていることないわ。

建築関係の仕事もそういえば10年そこそこ。

ダイビングのアシスタントも3年そこそこ。

で、またふと。

着付けの時間がもったいないってどこから来た?

ああ、勝負服=着物、やったわと思う。

好き=着物じゃなかったわ。ふふふ。

結局のところ梅田から予定を済ませて帰って来るまで、忘れてて、

またふと。

こうちゃんが好きって気持ち、すごーーー。別れる別れないと言いつつ、17年。

着物が好きってそれと同じぐらい好き?

侑歩もそれと同じくらい好き?

料理を作る時間はそれと同じぐらい好き?

読書の時間はそれと同じぐらい好き?

大祐と獅子丸との時間はそれと同じ好き?

これから色々な出来事があるだろうけど、それって同じぐらい価値がある?


そこが基準なんやぁ、ふふふ。


«前の記事 
 次の記事»