家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2019年7月8日

まちをみんなが興味を持ってくれるには?!

ブログトップ »

おはようございます!

天気予報では週末は雨模様の予報でしたが、晴天となり織姫、彦星も迷うことなく出会いを楽しんだことでしょう!

さてさて週末は、地域の【魅力発見プロジェクト】による、地域の三千樋の視察チームに合流してきました!

この場所は、前回東淀川区魅力発見プロジェクトの大きな柱の一つ、【地域の魅力発見ツアー】の場所でもあります。でも、上記の写真を見て正直【なんじゃこりゃ?ただの雑木林でないかいなぁ?】というのが率直な感想ではないでしょうか?

はい、正直なところ私自身がこの答えでした。

でも、こちらの三千樋、歴史は古く明治30年11月に大道村を含み13カ村で用水を引くための組合を作り、淀川が東から見て南に流れていく地点に設けられました。三千樋が設けられたことで、大道村〜加島町を経て、大和田町の北に達する本流と大道村〜豊里町を経て、十三を経て塚本に至る支流を持つ大水路ができました。総延長約26キロをうるおす唯一の樋門となりました。

東淀川区がかつて水の恵み豊かな土地を象徴するかのように田園地帯と平安時代から乳牛を飼育していたところ(味原牧)があったそうです。

その歴史的経緯をメンバーのお一人の方が、【是非後世に伝えるべき遺産】ということで今回視察が実現しました。

では、この歴史的経緯、価値をどう伝えて地域住民、その先には地域外の人たちにわかってもらうか?

それは結局のところ、地域住民がワクワクする町で、その波動が地域外の住民、海外からの観光客に至るまで浸透するかどうか。ディズニーランドやUSJが、日本全国、海外からも訪れてくれるというのは、老若男女問わず【ワクワクする】からに他ならない。

では、まちづくりとは、総合計画とは?

日本中どこへ行っても、各役場なり、役所なりに総合計画という名の行政計画冊子があります。市町村が今後10年間で実施する各種政策案をまとめた冊子。そして正直内容は、ほとんど似通った内容で、

でもそんな冊子、役所などに置かれていても、ほとんど目にすることがありません。以前は、新聞と一緒に配布されましたが、昨今は新聞を購入する世帯はほとんど少なく携帯によるペーパーレス。

【総合計画を住民と一緒につくる。まちづくりの担い手を育てること。】

東淀川区も私が住み始めてからも、至る所で様変わりしています。

地域的にも自然【淀川河川敷】があり、都心部にもアクセスが悪くない。大学も2校あり、高校、小学校、生活圏としては決して悪くない。物価的にも、水準的にもそれほど市内の割には高くない。

さてさて、住民の意識がまちづくりに向けての動き出すにはどうしたもんなんでしょうね?

視察のあと、私も【JIBA コミ】の動きに勢いをつけるため、地域の活性化協議会が主催している【いちさんどカフェ】に行ってきました!

上記の内容で、大人が300円、子供が100円で食べられるとあって、なかなかの大盛況ぶり。そしてほぼほぼ10名ぐらいの地域の女性群がボランティアで来客のお世話をされていました。

当日、地域の高齢のお姉さまがたに相席していただいたのですが、

内容を聴いてみると、

【ここは、どうも業者がタイアップしてやっているので、クオリティは高い!】

まぁ、確かにこれは地域のお料理好きなお姉さまがたの作ってものでは無いような味付けでした。もし、業者がやっているなら、出来れば地域のところであって欲しいものですね。

そうして気づいたことが一つあります。地域の活性化協議会が連携を取っている趣旨の掲示がないこと。もったいないなぁ。

キッと地域のことを大好きになってくれて、地域がテーマパーク並みにワクワクすることが出来る仕組みをみんなで答えを出せたなら、その波動が高くなればキッと面白いまちづくり、地域づくりができるだろうなぁと思う今日この頃でした。

●●●●●●

あなたの眠っている知識や技術をお金に変えてみませんか?

もう年金支給額を指折り数えて待つ生活圏から脱却してみませんか?

年金生活者から労働収益者へ

6月1日大阪府下に数カ所のコミュニティハウスが誕生する事になりました。

ここでは、自分の持っている知識や技術をお金に変える事ができます。

月に2万円〜10万円の収入を得る事ができます。開講したことによって赤字が発生することはありません。

誰でも、やりたい事をやって、会員に情報や技術を伝えると収入が得られます。

勿論内容については事前審査をさせて頂きますので、

公序良俗に反するものや法律に触れるものは開催することはできません。

また、ある程度安定集客ができるように なれば、独立の道も用意しております。

年金生活者から生活所得を稼ぐことのできるシルバーを1人でも多く輩出するのがこのハウスの願いです。

ただ切り詰めるだけの生活から何かを生み出す生活へ舵をきってみませんか?

このハウスは既に6月1日に動き始めています。

5〜6人程度の生徒さんにこんな事を教えてあげられると言う技術や情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

スタートに必要なものはあなたのチャレンジ精神だけです。コミュニティハウスを利用するのに登録料、権利金等は必要ありません。

開講当初は 一会場5、6人程度の講師の先生でスタートする予定ですので希望される方は、

メッセンジャーにて、ご連絡下さい。
メッセンジャーには必ず連絡できる電話番号をお書き下さい。

君のサクラ????を咲かせたい❣️

心の合格クリエイター

みっちゃん(サポーター兼家主)小石 美知子

ハウスマネージャー 町田 光彦

«前の記事 
 次の記事»