家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2019年7月22日

みんなの思いが天まで届け!

ブログトップ »

おはようございます!

今日は、友人が主催している今週末のイベントのご紹介したいと思います!

皆さんは、どんなことに日々興味を持って生活をされているでしょうか?

なんとなく仕事をして、なんとなく週末を過ごして、なんとなく日々を過ごしているそんな方も多いのではないでしょうか?

では、私たちは今を生きています。それにはどんな意味があるんでしょうか?

そういうことを常に天は求めているということを考えたことはあるでしょうか?

少し大きなことになるかもしれませんが、地球という星には、イロイロな国があり、人種がいます。考え方も様々です。

ではなぜ、天は様々なもの、考え方のものをつくりだしたのでしょうか?

同じような価値観のものが集まれば、自ずとまとまりそうに思いますよね。

なのになぜイロイロなものがあるのでしょうか?

イロイロなものがあるから、ダメなんだ!という考え方もあるでしょうし、

イロイロなものがあるからいいんだ!という考え方もあるでしょう。

では真理とはどこにあるんでしょうか?

これは、私個人的な見解ではあるのですが、地球全体がまさに弱肉強食という戦争という時代を経て、調和、一体感という世界を創り出すことが、

天が望む【真理】。

そして主催する彼女もまた彼女が思う天が望む【真理】を求めてイベントを開催する運びとなりました!

【光の天使、光へとの帰還〜銀河の歌姫&天使のマルシェ】

主催の武田 まゆみさん

彼女は、四人のお子さんを持つ、お母さん。彼女もまたイロイロな人に支えられて今日まで来たと笑顔で話される方。

【これからの時代は、どんな方々も生かされて、生きることを望まれてこの世に生まれた。その奇跡を想いを一筋の光として表現したい!】

そんな思いで、本番に臨まれます。

その背景には、お子さんのお一人に重い自閉症の方がいらっしゃり、

【障害は、不便ではあるけれど、決して不幸なことではない。これにはキッと意味がある!】

そんな思いで、心、身体、思想の【真理】を求めて来られました。

そして、今コンサートのメインでもある倉原 佳子さんを中心に、

ギターリストとして若き新進気鋭の高橋 紗都さん、

サポート役には、20年来のご友人で、占いの館キセキ、高槻センター街オーナー来島 未侑さん、そしてその想いに賛同共鳴された方々が集結して

【光のマルシェ】と題して援護射撃部が集結しています!

倉原 佳子さんは、

東京藝術大学音楽部声楽科をご卒業後、イタリアを拠点に活動されておられました。そんなこともあり、イタリアの方とご結婚。2児のお母さんとして、公私ともに生活を送っておられました。

ですが、結婚生活は決して順風満帆とは行かず、DV、大病と大きな転機を乗り越えて、【私には、歌うことしかない!】

歌うことが、大きな人生の道しるべとなり、2011年には、イタリアアスキーワールドカップの開会式で、外国人歌手では、異例のイタリア国歌熱唱という快挙を成し遂げられました!

このイベントには、本当に多くの方々の【自分らしく生きること】の意味、真理を求める一筋の光。

開催地の枚方には、【天の川伝説】があり、これもまた、彦星と織姫の思いがつながる光。

満点の光輝く星となって皆さんとともに光の天の川を再現してみてください。

物事には、光の部分と陰の部分。陰の部分が大きいからこそ、光の部分が光輝くように。人には、イロイロな面があります。決して平坦なものばかりがあるわけではありません。時代の速度は、より一層早くなり、小さな光は、時として埋もれてしまう。でも、その小さな光は、時として多く集まれば天の川のように、形を成し、大きな光となり、光輝く。

«前の記事 
 次の記事»