家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2019年7月9日

参加費が払える人は、来ないんです!?

ブログトップ »

お疲れ様です!

今週はありがたいことに、先般参加した区役所主催の【ひと×まちコーデ】で同席くださった方から、色々ととても素敵なご縁や情報を得て、とても感謝でいっぱいです!

昨日は、私が高齢者をベースにコミニティービジネスをしたいということもあり、地域の包括センターの方と対談。

成功事例の冊子を頂いたりととても嬉しい情報を沢山頂きました。

そして、本日は区役所の地域課の方からのご紹介で、関西こども協会の方々と対談。

まぁ、正直地域の方々を巻き込んで事業を進めることは容易ではないようですが、

まぁ私の個人的な意見とすれば、まず

先般の会でも議題にあがったのは、広がりがなかなか進まないことと資金調達。

では、なぜ広がりが進まないか?

結局のところ、【ボランティア】というところだと私は思います。このボランティア、本当に素晴らしいことだし、耳障りのいい言葉ではあるのですが、世間に寄与、贈与出来る人はどれほどいるかといえば、本当に数%の方にしか出来ないということだと思います。にもかかわらず、大半のところが、寄与や贈与、コアメンバーからのカンパ。それは疲弊してきます。モチベーションだけでは、持続、継続出来ないということです。

私が、昨年いわゆる自己啓発の講演家の方の主催をして痛感しました。当初は、周りの方に少しでもいいものを届けたい!と思って当初は思っていました。でも正直、講演家を呼ぶのも無料ではありません。キチッと講演料はかかるんです。それも数十万単位です。でも、主催や裏方で頑張ってくれている方はほぼほぼ手弁当。それが分かっているだけに、どこか自分自身と葛藤しました。いいことをしていると自分に言い聞かせながらも、友人や知り合いの気持ちに甘えているんじゃないか?って。

それにいつしか疑問を持ってしまったのです。

付加価値[売り上げと言うべきかは疑問ではありますが、苦笑]=単価×人数

単価を上げるのか、人数を上げるのか?!

正直いわゆるインフルエンサーと言われる方々は、別格でほぼほぼ凡人というか私には、人数を増やすということは、単価をあげる以上に時間も労力もかかります。【あくまでも私は】まぁ、熱意が良からぬ方向に行っていたこともありますけどね、苦笑。

そして私が導き出した答えが、コミニティービジネス。みんなで考えながら、付加価値をつけるべく、はじめはささやかな対価かも知れませんが、それを少しでも増やせる仕組みを作ること。もちろんこれも容易ではないのかも知れませんが、キッと面白いことが出来ると信じています。

前例がないわけではないし、ディズニーランドやUSJがいい例で、ほかのアミューズメントパークよりも数倍の金額でも、多くの老若男女がやって来ます。

それは、ほかのアミューズメントパークよりも数倍、数十倍楽しいから。

皆さんも思いませんか?

老若男女が、ミッキーやミニーの耳付きカチューシャをつけて過ごす。

家に持ち帰って【これになんで、2000円近くも使ってしまった?】って。

でも、あの空間に居れば買わずにはいられない衝動にかられますよね。

なんか地域活性化って、そこにヒントがあるような気がします。

地域の至るところにワクワクすることがあれば、人はその波動にまさにハエ取りガミ方式のように吸い付くと思うんですよね。

【参加費が払える人は来ないんです。】

うーーーーん。

●●●●●●

あなたの眠っている技術や知識をお金に変えてみませんか?

年金支給額を指折り数えて待つ生活から脱却したいと思うあなたをサポートして応援します!

みんな誰しも不得意、得意があるからそれをみんなで考えながら、一緒にやってみませんか?

【JIBA コミ】は、じじぃとばばぁによるじじぃとばばぁのためのコミニティービジネス。

年金生活者から労働収益者へ

6月1日大阪府下に数カ所のコミュニティハウスが誕生する事になりました。

ここでは、自分の持っている知識や技術をお金に変える事ができます。

月に2万円〜10万円の収入を得る事ができます。開講したことによって赤字が発生することはありません。

誰でも、やりたい事をやって、会員に情報や技術を伝えると収入が得られます。

勿論内容については事前審査をさせて頂きますので、

公序良俗に反するものや法律に触れるものは開催することはできません。

また、ある程度安定集客ができるようになれば、独立の道も用意しております。

年金生活者から生活所得を稼ぐことのできるシルバーを1人でも多く輩出するのがこのハウスの願いです。

ただ切り詰めるだけの生活から何かを生み出す生活へ舵をきってみませんか?

このハウスは既に6月1日に動き始めています。

5〜6人程度の生徒さんにこんな事を教えてあげられると言う技術や情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

スタートに必要なものはあなたのチャレンジ精神だけです。コミュニティハウスを利用するのに登録料、権利金等は必要ありません。

開講当初は 一会場5、6人程度の講師の先生でスタートする予定ですので希望される方は、

メッセンジャーにて、ご連絡下さい。
メッセンジャーには必ず連絡できる電話番号をお書き下さい。

君のサクラ????を咲かせたい❣️

心の合格クリエイター

みっちゃん(サポーター兼家主)小石 美知子

ハウスマネージャー 町田 光彦


«前の記事 
 次の記事»