家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2018年5月15日

今週は、マルホナスとしなやんキュウリ祭り!

ブログトップ »

先週末に しなやんとナスケンに最小ロットで

無理を言って送ってもらったのが、本当にお客様にご好評で、続々とお客様の胃袋に旅立って

行ったとは言え正直多すぎる、苦笑。

調理人、限界に挑め!的。

で明日は、まずはナスケンのナスがメイン!

そこで、茄子の効能をご紹介!

なかなかどうして女性の味方の成分がいっぱい!

あくまでも個人差があるとは思うのですが、

※※※※※※※※

  • 夏バテ・食欲不振の緩和
  • 体の火照りが気になる
  • 生活習慣病の予防に
  • 認知症を予防したい
  • 便秘・むくみの予防に
  • ダイエットのサポートに
  • 肌のアンチエイジングに
  • 紫外線・シミ対策として
  • 疲れ目・眼精疲労予防

※※※※※※※※※

ナスの食物繊維は100gあたり2.2gと野菜類の中で見ればさほど多くはありません。しかしナス自体に水分量が多いので特に便がカチカチになってしまうタイプの方は、食事に取り入れることで水分補給も兼ねた便秘予防としても役立ってくれるでしょう。野菜やナッツ類などを沢山食べると便秘が悪化するような方にも適しています。

一度で大量に補給とは行きませんが、不足しがちな分を補うという点では十分に役立ってくれる量と言えるでしょう。血液循環のサポート効果も期待できますので、むくみの緩和にも役立つと考えられています。

ナスに含まれるコリンは消化酵素や代謝酵素の補助酵素として働くことで、糖質・脂質の代謝をサポートする働きが期待できます。またコリンから生成されるレシチンには肝臓や血管壁に付着した脂質を乳化することで排出を高める働きがありますし、レシチン・アセチルコリン共に血管を拡張させ血行を促すことで代謝向上にも役立つのではないかと考えられています。

ナスは水分含有量が高いため100gあたり22kcalと低カロリーです。便秘やむくみの予防や改善にも役立ってくれますし、低カロリーなので食事のカサ増し用にも利用できるでしょう。栄養価的には評価されていませんが少量ずつ様々な栄養素を含むので、ダイエット中に偏りがちな栄養の補給には使い勝手が良い食材と言えます。
ただし体を冷やす働きっもあるので、冷え性気味の方は低カロリーだからと言って食べ過ぎないよう注意が必要です。また油を吸いやすい性質があるので、調理用油を使い過ぎないようにしましょう。

 

という感じです!

是非是非

マルホナスよろしくね!

 

 

 

 

«前の記事 
 次の記事»