家庭料理をご提供する
コミュニティ型飲食店ー侑歩

投稿日:2019年9月18日

料理の理を知れば、レシピは自由!〜神棚にあり?!

ブログトップ »

お疲れ様です!

今日は、食事のベースのお話をしてみたいと思います!

昨今では、食事に対する考え方がドンドン変わり、手軽で簡単、中食、レトルト食品などの加工品などがもてはやされていますが、食事は、まさに【命の源】。当たり前すぎて、置き去りにしていませんか?

あなたの命は、手軽で簡単でいいんでしょうか?

前回お話ししたように、【誰でも幸せになりたい!健康でいたい!綺麗でいたい!成功したい!】と思っていますよね!なら、それができるのも、やはり身体が元気で健やかにする食事を丁寧に作ることでしか作れないということ。

成功したい!と願ってすぐにならないことも、綺麗でいたい!と願ってすぐにならないことも。

やはり毎日の少しずつの積み重ねがあってこそ。

では、食事のベースとはなんなんだ?

それは、シンプルなこと。健やかに元気に健康で暮らせること。

それをするには、まずは【自己治癒力を高める】身体作り。

私たちの身体は、細胞で出来ていて、その数千億個ともいわれる細胞は、呼吸をして、大半が水で出来ています。その細胞を健やかに元気に健康にするには、当然のことながら、空気、水、水を腐らせない塩、栄養となるベースの米。

まずは、ここをきちんと自分自身が納得のいくものを選ぶこと。

私が料理の指南を受けていた先生に常に言われたことがありました。

【料理のベースは、安全安心で新鮮な食材、水、塩、調味料、米。この5種類が整えば、全てが上手くいく。この数字の5はまさに東洋思想で言うところの中庸ともリンクします。それを目指し、限りなく引き算の調理法をしないさい!】

教えてもらった時は、全然意味が分かりませんでした。でも、今自分なりに先人の知恵、叡智を知れば知るほど、何もたす必要はないことが分かります。

これをさらに削ぎ落とせば、水、塩、米となり、まさに私たちは創造主で、小宇宙、いずれ神の領域に達するのですから、神さまにお供えするものとリンクしていくというのは、真理なわけです。

水、塩、米を発酵させたものが酒。昨今では、発酵食品が見直されていますが、それも、許容範囲ということとなりますね。

引くことは、多くを食べない腹八分目にもリンクしますし、嗜好物もいわば余計なものとなり、いらないにリンクします。そういう意味でも本当に真理に到達することが理解できますよね!

そして、水が身体の大部分を占めていることと、水は全ての波動、エネルギーを転写することは有名で、まさに【命の源】、源とは、水と原点と書く。こちらもやはりリンクしています!

塩は、海(産み)から作られたもの。昔の人は、血潮(ちしお)と呼び、血液や羊水も1%弱~9%の塩分をもっています。塩は昔から、腐敗を防ぐ浄化のために使われてきました。浄化とは「けがれ」を祓うものですが、神道ではけがれとは、「穢れ」ではなく「気枯れ」つまり、生命エネルギーが枯渇した状態を表します。なので、減塩というのは、精製塩を取らないという意味で、塩を摂取しないということにはならないということです。

是非ぜひ水、塩、米は、ご自身の納得のいくものを選んでみてくださいね!



«前の記事 
 次の記事»